LightWave で線画出力:応用編3:陰影をトーン化する

LightWave にはハーフトーン・シェーダーが搭載されており、陰影をトーンにしたような画を出力できる。トーン柄は標準的な円だけでなく、四角やクロス、ラインなどが選択できる。

また、[テクスチャ編集]内の機能と組み合わせると、陰影の濃い領域にベタを入れることも可能。ベタをきつめに入れたりと量の調整もできる。

ただし当然ながら、コミスタやクリスタのように、トーン部分が別レイヤーで出力されたりはしないので、漫画やイラスト用途としては使い勝手がよくない。まだよく分からないが、陰だけ別画像として取得することが可能であればトーンだけ別に出力できる気がする。

外部配布のシェーダープラグイン unReal Xtreme2 でも、陰部分にトーンを描画できるらしい。詳しい手順はそのうち調べて書きたい。