LightWave プラグインのメモ

プラグインとは、機能を拡張するものだと覚えておけばよい。ここは LightWave(の64bit版)で使えそうなプラグインを見つけたら並べておくページ(随時更新)。のちに独立した記事で詳しく紹介するものもあるかもしれないが、とりあえずメモ代わりに並べておく。使ったことのないものもあるので、説明書きの正確性は保証しない。間違いや不足があればご指摘を。

プラグインのインストール方法

配布元から自分の環境に合ったものをダウンロードし、「.p」や「.ls」や「.lsc」という拡張子のファイルがあるはずなので、そのファイルをコピーする。

次に LightWaveプラグインフォルダを開く。たとえば v9.6 だと「C:\LightWave_9_64\Plugins」、v2015 では「C:\Program Files\NewTek\LightWave_2015.3J\support\plugins」などの場所にある(Windowsの場合)。

先ほどコピーしたファイルをプラグインフォルダ内の適当な場所へ貼り付ける。LightWave では追加プラグインのファイルをこのフォルダ内に入れていくのだが、色々と入れると後になってゴチャゴチャしてくる。そこで自分はバックアップの利便性も考え、「add」と名づけたフォルダを作り、その中に追加するプラグインをすべて入れている。

LightWave を起動し(Modeler か Layout かは問わず)、[ユーティリティ]>[プラグイン]>[プラグイン追加]から、先ほどフォルダにコピペしたプラグインファイルを選択し、[開く]で追加できる。

もしメニューに追加したプラグインの項目が出なければ、[編集]>[メニュー編集]の検索ボックスで追加したプラグイン名を検索してみる。きちんと追加されていれば左の欄に出てくるので、それを右に並んだメニュー項目の好みの位置へドラッグして配置すると、その位置に表示される。以下も参考。

プラグインの追加が終わったら LightWave を再起動しておくことで、追加したプラグインがきちんと設定される。念のために元のファイルは別の場所にとっておくこと。

Modeler プラグイン

Load Objects From Scene

指定したシーンファイル(LWS)のオブジェクトを、シーン上の座標系で一括して Modeler に読み込む。各アイテムはレイヤーに。これを使えば Layout で各パーツを移動して配置を決めたものを、そのまま Modeler に持ってきて1つのファイルにできる。シーンで使うLWOファイルの入ったフォルダを、コンテントディレクトリ最上層に置いておかないと読み込まないので注意。

Import CSV XYZ

Excel 等で使われるCSVファイル形式になった座標データ (X, Y, Z) からポイントを作成する。3つの列にX、Y、Zそれぞれの座標値が入ったCSVファイルを読み込むと、そこにポイントが生成される。数値の単位はメートルとして読み込まれる。

EdgeRelax

選択した三角ポリゴンの分割を最適化(綺麗に整えてくれる)。


MergeTrigonsX

隣接する三角ポリゴンを連結して4角ポリゴンへ変換。三角分割してしまったポリゴンを元に戻したりできる。


MG Ultimate Clone

背景レイヤーで表示したオブジェクトを、前景レイヤーの選択したポリゴンやポイントと交わるように複数コピーする。複製時の大きさや回転、軸やポリゴン(ポイント)法線に対する整列の度合いをランダムにできる。また、単にメッシュに対する割合を指定しての複製もできる。


Radial Array Packed

オブジェクトを放射状に配列して複製する。フィボナッチ数列による配列もできるため、螺旋状に並んだヒマワリの種など、植物のモデリングにも使える(このへん、より詳しくは近藤滋氏の解説を参照)。

TRUSS!2

オブジェクトからトラス構造を簡単に作成できる。側面のポリゴン分割数を指定して、オブジェクトのエッジ部分にトラスが、頂点部分にジョイント(球)が生成される。作者は日本人の森岡弘樹(Koki Morioka)氏で、海外のユーザーは無料、日本人ユーザーは7日間の試用期間後に2000円を支払えば継続使用可能となっていた。しかし2014年夏頃(?)に配布サイトが消失。英語圏のユーザーも困っているようだ。

自分は2014年の春にダウンロードしており、2015年に入ってから使う機会があったので、ぜひ支払いたいとメール連絡したがエラーとなって届かなかった。とりあえず今は制限無しの海外ユーザー用を使っているが、作者の森岡氏がもしこれを読んでいたらぜひ新たな連絡先を教えていただきたい。二次配布に関しては同梱の文書に何も記載がないため不明。どうしても欲しい方は個人的に連絡を下さい


Align And Distribute

複数オブジェクトまたは複数レイヤーを整列させる。オブジェクト選択は不要で、操作はパネルのボタンを押すだけ。IllustratorPhotoshop の整列配置機能の3D版。

修正版(Modified version)を使う場合、ロゴ画像がないために起動しないので、LScriptファイル(.ls)をメモ帳などのテキストエディタで開いて編集する必要がある。

BuildRequester //BEGIN
{
        reqbegin("Align & Distribute");
        reqsize(240,344);

        ctl_logo = ctlimage("awAlignAndDistribute.tga");

上に記した部分(637行目?)を見つけて、「ctl_logo = ctlimage("awAlignAndDistribute.tga");」という箇所を削除して保存したものを使えば起動するようになる。


PX_Bezier

ベジェで曲線を作成し、そこからベルトやチューブ、縄などが作れる。三つ編みや電話機のカールコードなども。


Puttygon

ポリゴンの穴を埋めてくれる(ポリゴンに囲まれている箇所のみ)。穴埋めしたい部分のみを選択して実行することも可能。連続したポリゴンが消えてできた穴の場合、ポリゴンは1枚で全体を塞ぐように生成されてしまうので注意。また、裏返ったり不正なポリゴン(法線を得られない)ができる場合もある。

C_Worm

変形機能付きリアルタイム版「曲線で押し出し」。

PX_C_Bend

前景レイヤーのオブジェクトを背景レイヤーの曲線の形に曲げる。


トラス作成補助ツール

PICTRIX で配布されているプラグイン6つ。

以下はそのうち「Tube_Point_Chain」の使用例。並んだポイントを選択してそこからチューブを生成する。


Cable

選択したポイントを結ぶケーブルを生成。設定により垂れ下がり具合や複数作る場合のランダムさなども調整できる。

quickSpring

バネを作るプラグイン

quickBolt

ボルトとナットを作るプラグイン(有料・25英ポンド)。

NexonStair / NexonSpiralStair

階段・螺旋階段生成プラグイン

MK SpiralStaircase

イタリアのユーザーによる螺旋階段生成プラグイン

チューブ状の手すりの生成や、手すりの代わりに螺旋状のスプライン曲線を生成することも可能。各部ごとにサーフェイス名も生成してくれ、生成したポリゴン全体にパーツ名も付けられる。

以下は英語版(MK_SpiralStaircase.lsc)のパネル項目の和訳。

  • Stair Parameter(階段パラメータ)
    • Loft Height(上階までの高さ)
    • Risers Number(段数)
    • External Radius(外半径)
    • Internal Radius(内半径)
    • Rotation Angle(回転角)
  • Handrail(手すり)
    • Diameter(直径)
    • Sides(側面の頂点数)
    • Offset Y(手すり高)
    • Offset R(階段内外径からの距離)
    • Poly(ポリゴン): None(なし)/Ext.Int.(内+外周)/External(外周)/Internal(内周)
    • Spline(スプライン曲線): None(なし)/Ext.Int.(内+外周)/External(外周)/Internal(内周)
  • Surface Names(サーフェイス名)
    • Rise(蹴上げ)
    • Tread(踏面)
    • Intrados(弧面)
    • Loft Link(床との接合部)
    • Handrail(手すり)
    • Spline Handrail(スプラインの手すり曲線)
  • Polygons Name(ポリゴン名)
    • Part(パーツ名)

まずは螺旋階段の位置を設定する。ポイントが2点以上選択されていれば、最初のポイントが階段の中心(x,y,z)、第2のポイントが階段の回転し始める中心となる。3点目以降については無視される。ポイントが選択されていなければ、階段は原点(0,0,0)に生成される。

なお、パーツ名というのはサーフェイス名とは別物。普段は[詳細]タブ>[パーツ]>[パーツ作成]から作成できる。パーツ名をつけておくと[詳細]タブ>[パーツ]>[パーツ選択]ボタンか、または[状態 (Statistics)]パネルの「Part」欄から選択できる。ここでは階段・手すりを含めた毎回の生成物全体がひとつのパーツにされる。

Nipponites Mirabilis

パターンを持つチューブを生成できるので、畝状の隆起がある角(つの)が簡単に作れる。

Legoizer

オブジェクトをレゴブロックの構造へ変換する。

LineXLine

2つの線の交点にポイントを生成。トラス作るときに使えるかも?

Symmetry Stuff

オブジェクトを半分、4分の1、8分の1に分割し、選択、削除、または鏡面コピーする。

Layout プラグイン

MG Import CSV motion

時刻とそのときの座標データを記したCSVファイルを読み込み、選択したアイテムを各時刻にその座標位置へ移動させる。ファイルの各行は「分:秒,X,Y,Z」の形式にしておく。例えば「10:12.64,2,3,1」などとする。

Align And Distribute

Modeler プラグイン「Align And Distribute」の Layout 版。[変形]タブ>[配置]>[整列]/[配置](参考)とどう違うのかは知らない。

Distance

選択した2アイテム間の距離を測定する。

Zoom Limited Region

カメラビューの任意の領域を選択して Shift Camera(シフトカメラ)を新たに作成。カメラビューに映る一部分を手軽にズームして見ることができる。クラシックカメラパースペクティブカメラ、シフトカメラで動作。

Newtonian Follower

ニュートン力学を使って、あるオブジェクトを別のオブジェクトにリンクできる。ヨーヨーやバネ、惑星の動きなどに応用可能らしい。


StarPro

宇宙空間生成。星の位置、明るさ、色は実際の星表を基にしている。


Black & White

シンプルなグレースケールの画を出力する。

Blue Print

青焼(ブループリント)っぽい画を出力する。サーフェイス設定が上書きされるので注意。

32bit版でしか使えないプラグイン

FI's Wrinkle

Modeler 用のプラグイン。ポイントで選択されたエッジを切り開いて溝を掘る。64bit版がないのが残念でならない。作者は日本人の市川富士男(Fujio Ichikawa、別名F911)氏。64bitへの対応予定はないのかメールで尋ねてみたが、メールアカウントが消失したのか届かずにエラーで返ってきた。

標準機能だと[マルチ加工]タブ>[拡張]>[エッジベベル](【Ctrl+B】)を使えば選択したエッジを切り開くことはできるが、溝までは掘れない。なお、近年は筋彫り(モールド)をスカルプトモデリングで作るのが主流らしい。


標準搭載プラグイン

DNA