洋風装飾・建築モデリング参考

装飾・オーナメント

LightWave

以下では点ポリゴン(1頂点ポリゴン)から[マジックベベル(Magic Bevel)]ツールで任意の形状の線ポリゴンを作成後、それを[磁力]ツール(?)とプラグインRT Smooth」で滑らかにし、 Layout に移って[オブジェクトのアイテムプロパティ]>[輪郭]タブ>[点/線の太さ]へ負の値を入れて厚みを描画してレンダリングしている。なお、任意の位置に点ポリゴンを作るには、[作成]タブ>[ポイント]>[ポイント]で作成したポイントを[作成]タブ>[ポリゴン]>[ポリゴン作成](ショートカット【p】)もしくは[点ポリゴン化]でポリゴンへと変換すればよい。

以下では線ポリゴン(2つの頂点を選択して【p】で作成)から[マジックベベル(Magic Bevel)]ツールで平面の先細り形状を作成。そしてウェイトマップを作成して中央部にウェイト100%を適用、[ウェイトのぼかし(Weight Blur)]を数回かけてウェイトを滑らかに広げたら、[移動]ツールの[フォールオフ]を[ウェイトマップ]にして太さを滑らかに増やす。[厚み(Thicken)]ツールで厚さをつけ、[ストレッチ(Stretch)]ツールの[フォールオフ]を[ウェイトマップ]にして再び中央部の太さを滑らかに増し、[バンドソー(Band Saw)]ツールで両面をカットして角の近くにエッジを追加し、最後に【Tab】キーでサブパッチをかけて丸みをつけている。

以下では線ポリゴンからプラグインPX_Bezier」を使って大まかな形状を作成、それを平面にしたら、太さを増減させたい箇所にウェイトマップを作成して、その後は上の動画と同じ流れ。

以下では Illustrator で描いた画像(EPS ファイル)を LightWave に読み込んで立体化している。変形のためのウェイトマップ作成にはプラグインWeight Outward」を利用。

他にも、こういうオンライン講座があった。

また、3rd Powers の有償プラグインLWBrush」も使えそう。


3ds Max


Blender


Substance Painter

モデリングではないが、3Dペイントツール「Substance Painter」を使ったモールド表現方法。


装飾の参考資料

マールカラー文庫2 世界装飾図 (マールカラー文庫 (2))

マールカラー文庫2 世界装飾図 (マールカラー文庫 (2))

マールカラー文庫15 文様博物館

マールカラー文庫15 文様博物館

ヨーロッパの文様事典 (みみずくアートシリーズ)

ヨーロッパの文様事典 (みみずくアートシリーズ)

ヨーロッパの装飾と文様

ヨーロッパの装飾と文様

円柱

古典建築様の円柱。

3ds Max


アーチ

LightWave

よくある丸いアーチであれば、適当な分割数のディスクから、ベベル→押出しで作成できる。石などを積み上げて造る(組積造)アーチの場合は、ブロックの数を必ず奇数にして「キーストーン(要石)」を作ること。

以下は大聖堂などで使われる交差ヴォールト天井の作成方法。

大聖堂を建てよう -制作に役立つゴシック建築のしくみ-

大聖堂を建てよう -制作に役立つゴシック建築のしくみ-

こちらはプラグインの LWCAD を利用した、アーチ開口部の作成方法。

facade.jpg

LWCADはスナップ機能も強力なので、[作成(CAD5 Create)]タブ>[プリミティブ(ポリゴン) (Primitives(pol))]>[円弧セクション(ArcSection)]とベベルを使えば、それほど手間をかけず意図した場所にアーチを作れる。もっと楽な方法があるかもしれないが。

なお、LWCAD 自体については以下の記事を参照のこと。