読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『本の雑誌』「世界の魔窟から」リスト

雑記 SF

写真とイラストでさまざまな「魔窟」を紹介していた不定期連載(?)企画。全6回+α。

  • 第1回 日下三蔵邸・書庫編(2008年7月号/301号 pp.108-111)
  • 第2回 日下三蔵邸・自宅編(2008年8月号/302号 pp.84-87)
    • ミステリ書評家が原稿を執筆する姿勢を問われる時!の巻
  • 第3回 細谷正充邸(2008年10月号/304号 pp.24-28)
    • 四十過ぎたら“魔窟”じゃダメでしょ。勝ち組書評家に訊く蔵書整理の秘訣!
  • 第4回 小飼弾氏の本棚(2009年3月号/309号 pp.22-25)
    • タワーマンション最上階リビングの壁一面を本棚にした男
  • 第5回 桜庭一樹氏の本棚(2009年4月号/310号 pp.16-19)
  • 第6回 山本弘の仕事部屋(2010年3月号/321号 pp.66-69)
    • 論理の隙間には付箋、本棚の隙間には怪獣とロボと美少女だ!
  • 特集=世界の魔窟からスペシャル(2010年10月号/328号 pp.4-23)
    • 杉作さんちに遊びに行こう!(杉作J太郎邸)
    • 魔窟脱出への道(魔窟の解消法=荻原魚雷/バベルの図書館への道=円城塔
    • 魔窟三態(機能性魔窟――神谷竜介/床板に忍び寄る危機――林カケ子/九十九・九九平米の楽園――松坂健)
    • 我が家の魔窟自慢!

山本弘氏の回では、『地球移動作戦』執筆のため地球を動かす物理計算を記したノートが紹介されているのが興味深かったが、誌面に掲載された写真は不鮮明なのが残念。なお、このときの科学設定の苦労については、当時の野尻ボードで多少うかがうことができる。

本の雑誌』なので書斎紹介記事はこの他にも色々とあると思うのだが、とりあえず知っているものだけ以下にまとめておく。

  • 特集=絶景書斎を巡る旅!(2014年7月号/373号 pp.1-31)
  • 特集=本を処分する100の方法!(2015年3月号/381号 pp.12-38)
    • 特集内記事「おじさん三人組、日下三蔵邸に行く!」が白眉。この号は巻頭グラビア記事「本棚が見たい!」でも日下三蔵氏の書斎(あれを書斎と呼べるのならばだが)がカラーで紹介されている。
  • 北原尚彦「魔窟のベスト10 分け入っても分け入っても本の山」(2016年10月号/400号 pp.22-23)
    • 「特集=400号スペシャル なんでもベスト10!」内の記事。この号の巻頭には鏡明氏の書斎が紹介されており、そちらも圧巻。

喜国雅彦〈本棚探偵〉シリーズを読んだ際にも思ったことだが、なんといっても日下三蔵邸のイカレ具合が凄まじい。

本棚探偵の回想 (双葉文庫)

本棚探偵の回想 (双葉文庫)