「プラネテス テクニカルファイル」リスト

アニメ『プラネテス』のコンセプトデザイン・設定考証を担当した小倉信也氏が、作中世界の設定解説をした「ΠΛΑΝΗΤΕΣ TECHNICAL FILE(プラネテス テクニカルファイル)」という月刊『モデルグラフィックス』誌の連載記事がある。

連載リスト

同誌には、情報・コラム・ニュース等のページをまとめている「MG Mega Mix(エムジーメガミックス)」欄があり、そこで2004年6月号(No.235)~2005年2月号(No.243)まで、全9回連載された。基本は見開きの2ページ構成だが、初回のみ1ページ。

  • Vol.1:DS12トイボックス編・1――2004年6月号(No. 235)p. 43.
  • Vol.2:DS12トイボックス編・2――2004年7月号(No. 236)pp. 42-43.
  • Vol.3:宇宙服編――2004年8月号(No. 237)pp. 42-43.
  • Vol.4:フィッシュボーン――2004年9月号(No. 238)pp. 40-41.
  • Vol.5:DS12TOYBOX2編・1――2004年10月号(No. 239)pp. 50-51.
  • Vol.6:DS12TOYBOX2編・2――2004年11月号(No. 240)pp. 46-47.
  • Vol.7:フォン・ブラウン号編・1――2004年12月号(No. 241)pp. 50-51.
  • Vol.8:フォン・ブラウン号・2&月開発――2005年1月号(No. 242)pp. 54-55.
  • 最終回:軌道宇宙港・ISPV-7編――2005年2月号(No. 243)pp. 42-43.

最近自炊したのでついでに掲載情報をまとめてみた。誌面を小さく紹介するとこんな感じ。内容は宇宙SFを考える際の参考資料としても十分使える。


なお、上記の連載とは無関係だが、同誌2004年2月号(No.231)には5ページに渡ってDS-12トイボックスの模型作例(二宮茂幸・1/200フルスクラッチビルド)が、2004年5月号(No.234)にはフィッシュボーン(同・1/48フルスクラッチビルド)が4ページ(pp.69-72)掲載されている。

追記・復刻連載リスト

2022年1月からのNHK(Eテレ)での再放送に合わせて、月刊『モデルグラフィックス』誌2021年12月号より復刻連載が始まった。初出時とは文字サイズやレイアウト等が変えられ、2021年の状況に合わせて一部がアップデートされた新編集版となっており、たとえば以前の連載時は1ページだけだった初回は見開き2ページに増量されている。12月号の編集後記には「当時掲載しなかった画稿がまだいくつも残っているんで、タイミングを見計らってそれらの新要素も加えていきたいなーなどと考えております」とある。

以下は『モデルグラフィックス』編集長・古屋智康氏と小倉信也氏のツイート。

その他

アニメ版『プラネテス』の設定周りについては、今でも公式サイトが残されているので、そこで公開されている設定資料や小倉氏のインタビュー等が閲覧できる。

あとは以下のアニメ雑誌記事と、コミックスサイズのムック本『ふたごのプラネテス』に多少掲載されている程度で、きちんとした設定資料集は出版されていない。以下のニュータイプ記事は小倉氏らのコメント付き。

こちらでは『EMOTION the Best プラネテス DVD-BOX』発売記念としてネットラジオ『そこ☆あに』にて特集された回のアーカイブを聴くことができる(2012年3月25日)。

以下は2012年8月のアニマックス再放送時における小倉氏の実況解説。


最終更新日:2021-10-29