SF系モデリング参考

SF的なオブジェクトをモデリングする際の参考として、LightWave ユーザーの視点からまとめた。

ハードサーフェスとは?

メカなどのモデリングについて調べると「ハードサーフェス(hard surface)」という用語がよく出てくるのだが、検索したところで誰もその意味を解説していないので困った。「固い面」というそのままの意味と使われている文脈からすると、どうやら車などの乗り物や工業製品、SFメカといった「固い」表面をもつ人工物全般を指す用語だと思われる。もし正確な定義を知っている方がいればぜひ教えていただきたい。

ついでながら Maya ユーザーでもないのに以下の本も買ってみたが、タイトルに冠しているにも関わらず、本文中に「ハードサーフェスとは何か」という解説が全くないので驚いた。著者は「教科書的な書籍を目指しました」と書いているが、こういうところで挫折する人間もいるのである。

Maya実践ハードサーフェスモデリング:プロップと背景から学ぶワークフロー (CG Pro Insights)

Maya実践ハードサーフェスモデリング:プロップと背景から学ぶワークフロー (CG Pro Insights)

役立ちそうな配布モデル

Nick Govacko 氏によってキットバッシング用としてフリー配布されているメカパーツモデル(Set01-07まである)。

Andrew Averkin 氏が配布しているモデル。価格はフリー($0)でダウンロードできる。

Constantin Paschou 氏の配布モデル。こちらも価格はフリー($0)。

役立ちそうな LightWave プラグイン

表面に凹凸を作成してくれるプラグインがいくつか存在する。

QuadPanels

SF的なパネルのディテールを簡単に作れる有料プラグイン。20ドルほど。旧バージョンを削除せずに残していると画面がちらつくことがあるらしいので注意。

このプラグイン購入者は、以下でメカのディテールアップに使えそうなパーツセット「THE ULTIMATE GREEBLE & NURNIE COLLECTION」が25%オフで買えるらしい(上部の「QUADPANEL PLUG-IN OWNERS CLICK HERE FOR YOUR SPECIAL DISCOUNTS」より)。「greeble」や「nurnie」というのは、表面の凸凹突起のこと。

Greeble & Nurnies


LWGreeble
  • LWGreeble - BETA v.1
    • 拡張子「.ls」で保存して使用。ただしこのページによると、Macで使う場合は些細なバグがあるので1文字修正する必要があるらしいが、どこを直せばよかったのか不明。LScript に詳しい方からの情報求む。
RandomCloner

有料(40ドル)。


プロシージャルテクスチャ

LightWave のプロシージャルテクスチャという、自動生成してくれるテクスチャパターンにある「Grid(グリッド)」と「Honeycomb(ハニカム)」はSF系に使えそう。ハニカム模様があるのは気づかなかった。

役立ちそうな Blender アドオン

Hard Ops

モデリング用アドオン。筋彫りが簡単に入るのと、それっぽいディテールを簡単に入れられるのが魅力。


Dynamic Lines Addon

選択したエッジに沿って切り込みを入れていく。2017-09-04時点では制作途中でまだ公開はしていないようだが紹介しておく。

このアドオンは下の手順解説動画を参考にして制作されているらしいので、アドオンがなくても作業は可能。


パネルラインを作る

SF構造物などの壁面によくあるパネルライン(筋彫り、モールド)のモデリング

なお、パネル間の溝を形成するためにポリゴンを押し出す手法については、以下のスレッドのやり取りが参考になる。

何も考えずに筋彫りをするなら ZBrush などのスカルプティングソフトを使うのが楽だろう。

Blender



3ds Max


SF的な通路を作る

3ds Max


SF的なビルを作る

宇宙船を作る

Cinema 4D


3ds Max


Maya


SF銃を作る


戦闘機を作る

3ds Max


その他


宇宙船の画を描画する(LightWave


アニメーション

ついでなので載せておくが、あとで記事分割するかも。

宇宙船を動かす


スプラインコントロールLightWave


パーティクルでプラズマ表現


ぐるぐるカメラを回していろいろな角度からオブジェクトを見る
ボーンでメカの多重関節

参考までにこんなのも。


参考